利用規約

株式会社NOKIOO(以下「弊社」という)は、以下の条項によりBIZ-BOOKサービス契約規定を定め、別紙に明示する基本仕様書に基づき、契約者に対してBIZ-BOOKサービス(以下「本サービス」という)を提供する。

第1章 総則

第1条(規定の範囲)

  1. 本規定は、契約者と弊社との間の本サービスに関する一切の関係に適用するものとする。
  2. 弊社は、本サービスの円滑な運用を図るため、本規定を改定できるものとする。この場合、改訂後の規定が適用される。
  3. 本規定の改訂を行った場合、契約者に通知するものとする。

第2条(通知)

本規定に基づく、弊社から契約者への通知は、本規定に定める他、以下各号の方法その他弊社の指定する方法で行うことができる。

  1. ① 相手方が本サービス申込時に指定した電子メールアドレス宛に電子メールを送信する方法。
  2. ② 弊社が提供している本サービスのWebサイトトップ画面へメッセージを提示する方法

第2章 本サービスの内容および料金

第3条(本サービスの提供)

  1. 弊社は、弊社の責任と負担により善良な管理者の注意をもって、本サービスおよび本システム(本サービスを提供するために維持・管理しているサーバー設備およびネットワーク設備をいう。以下同じ)を維持・運用するものとし、契約者に対し、本サービスの利用期間中、本規定に定める範囲で、本サービスを利用することを許諾する。但し、サービスの内容は、基本仕様書に記載のとおりとする。
  2. 弊社は、本システムの仕様、本サービスの内容を、契約者の従来の利用状況に著しく 変更を与えない範囲で変更することができるものとする。かかる変更がなされる場合には、契約者に対して遅滞なく通知するものとする。

第4条(本サービスの申込方法)

  1. 本サービスの申し込みをするときは、弊社指定のWEBフォームに必要事項を入力し、送信するものとする。
  2. 本サービスの利用に関する契約は、 前項の申し込みに対して、承諾の意思表示がなされることにより成立するものとする。但し、弊社は、承諾に替えて、サービスの提供を行うことができる。
  3. 前項の申込みについて、契約者が、次に掲げる事項が該当する場合には、弊社は、申し込みを承諾しない場合があり、契約者は、これに対して異義を述べない。
  1. ① 弊社所定の申し込み手続きに従わない場合
  2. ② 本サービスの提供にあたり、業務上または技術上の問題が生じ、または生じる恐れのある場合
  3. ③ 契約者が反社会的勢力である場合、または反社会的勢力に関与しているおそれがある場合
  4. ④ その他弊社が不適当と判断した場合

第5条(本サービスの利用)

  1. 契約者は、本サービスの利用に際して、弊社の定める手続き及び方式に従い、掲載を希望する情報のデータを、弊社に提供しなければならない。
  2. 弊社は、契約者から、前項に定める情報のデータの提供があった場合、遅滞なく、これを本サービスのシステムに掲載する。
  3. 前2項のデータが、関係諸法令等に照らして、弊社が不適当と判断した場合、弊社は契約者に対して、掲載の拒否、または変更を求めることが出来る。但し、この場合、データが未掲載であっても、契約者は、利用料金を支払うものとする。
  4. 契約期間中に、契約者から掲載停止の申込みがあった場合、弊社は掲載停止の処置を行うこととする。但し、契約者は、契約期間中の利用料金の支払い義務を免れない。

第6条(遵守事項)

  1. 1.   契約者は、本サービスを利用して以下の 情報を配信してはならない。
    1.  ① わいせつ、賭博、暴力等、公序良俗に反する情報およびそのおそれのある情報
    2.  ② 犯罪行為を誘発する情報およびそのおそれのある情報
    3.  ③ 不公正な競争となる情報およびそのおそれのある情報
    4.  ④ 他人の著作権その他の権利を侵害する情報およびそのおそれの ある情報
    5.  ⑤ 他人のプライバシー等を侵害する情報およびそのおそれのある 情報
    6.  ⑥ 他人の名誉、信用を毀損し、または誹謗中傷する情報およびそのおそれのある情報
    7.  ⑦ 性別、民族、人種等による差別を助長する情報およびそのおそれのある情報
    8.  ⑧ 本サービスの運営、弊社の営業を妨げる情報およびそのおそれのある情報
    9.  ⑨ 法令に違反する情報、またはそのおそれのある情報
    10.  ⑩ その他、弊社が不適切と判断する情報
  2. 2.   契約者は当サービスに掲載するコンテンツを自己の責任において定めるものとし、コンテンツにより第三者との間で生じた紛争については、契約者の責任と費用負担でこれに対応するものとし、弊社には一切責任を負わせないものとする。

第7条(本サービスの利用期間)

  1. 本サービスの利用に関する契約期間は、契約成立日から契約成立日が属する月から12ヶ月後の月の末日までとする。
  2. 両当事者のいずれも、本サービスの利用に関する契約期間満了日の1ヶ月前までに書面にて更新を拒絶する旨の意思表示無き場合、当該契約は、更に1年間同一の条件で、更新されるものとし、その後も同様とする。

第8条(利用料金の支払)

  1. 契約者は、弊社に対し、弊社が定める料金規定に従い、利用料金を支払う。
  2. 料金規定は、本規定の一部を構成するものとし、その変更は、本規定の変更手続きに従うものとする。
  3. 利用料金の支払いは、本契約成立後、弊社が送付する請求書記載の支払日までに、弊社の指定する金融機関へ、振込送金する方法による(振込手数料は契約者の負担とする。)。但し、弊社と、契約者との間で、これと異なる合意をすることは妨げられない。
  4. 新規契約時に弊社が郵送する請求書に記載する支払期日までに入金がない場合、契約更新時は契約満了の1ヶ月前に郵送する請求書に記載する支払期日までに、契約者から請求金額の支払いがない場合は、弊社は、当該契約者のシステムの全部又は一部の利用を中止することができる。
  5. 契約者は、前4項に定める利用料金の支払いを遅延した場合は、弊社に対して、利用料金の未払額に対する遅滞の日から支払完了日まで年14.6%の遅延損害金を支払わなければならない。

第3章 弊社の責任

第9条(サービス提供の中断)

  1. 1.   弊社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、契約者への事前の通知又は承諾を要することなく、本サービスの一部または全部の提供を中断することができるものとする。
    1.  ① 本サービス用設備等の予期せぬ故障により緊急に保守を行う場合
    2.  ② 運用上又は技術上の理由でやむを得ない場合
    3.  ③ その他天災地変等不可抗力により本サービスを提供できない場合
    4.  ④ 契約者に、本規定に定める契約解除事由が生じた場合
    5.  ⑤ 契約者に、料金の不払、その他契約違反が存した場合。
  2. 2.   弊社は、以下の各号のいずれかの事由が生じた場合、契約者に対し事前に通知し、本サービスの全部または一部の提供を一時停止できるものとする。
    1.  ① 本システムの保守点検等の作業を定期的に行う場合
    2.  ② 本システムに故障等が生じた場合
    3.  ③ 停電、火災、地震、労働争議その他弊社の責に帰すべからざる事由により本サービスの提供が困難な場合
    4.  ④ 前各号他本システムの運用上または技術上の相当な理由がある場合
  3. 3.   前2項の場合、弊社は、契約者のデータを本システムから削除できる。
  4. 4.   弊社は、前3項により契約者又はその他の第三者が損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとする。

第10条(免責)

  1. 1.   弊社は、以下の事由で契約者に生じた損害について、なんら責任を負わないものとする。
    1.  ① 本規約に定める修理・保守点検、その他、本サービスの運用上必要な、本サービスの停止
    2.  ② 契約者の契約違反または遵守事項違反による本サービスの提供停止
    3.  ③ 不可抗力によるサービスの停止
  2. 2.   弊社の損害賠償義務は、契約違反により直接生じた相当因果関係ある損害に限られ、契約期間中(更新期間については更新期間中)に、受領した金額を上限とする。

第4章 その他

第11条(秘密保持)

  1. 1.   契約者および弊社は、本サービスの利用により知り得た相手方の販売上、技術上またはその他の業務上の秘密(本契約の内容、本サービスの基本仕様の内容等を含む)を本サービス利用のためにのみ使用するものとし、相手方の承諾なしに第三者に公表し、または漏えいしないものとする。ただし法令により情報の開示が義務づけられている場合は、相手方に書面による通知のうえ、開示することができるものとする。
  2. 2.   以下各号の情報は前項の秘密に該当しないものとする。
    1.  ① 既に公知の情報および開示後受領者の責めによらず公知となった情報
    2.  ② 本サービスにより知り得た以前から保有していた情報
    3.  ③ 本サービスにより知り得た情報に依存せずに独自に開発・発見した情報
    4.  ④ 正当な権利を有する第三社から秘密保持義務を負うことなく適法に入手した情報

第12条(契約の解除)

  1. 1.   弊社は、契約者が、以下の各号のいずれかに該当する場合、事前に催告等することなくして、契約を解除できるものとする。
    1.  ① 自己が振出しまたは引受した手形若しくは小切手が不渡処分を受けた場合
    2.  ② 差押え、仮差押え、仮処分もしくは競売の申立、租税滞納処分を受けた場合
    3.  ③ 破産、会社更生、民事再生、特別清算の申立
    4.  ④ 会社分割、合併、解散または営業の全部もしくは重要な一部の譲渡
    5.  ⑤ 支払い停止またはその恐れがあると認められる相当の事由がある場合
    6.  ⑥ 本サービスの運営を妨害し、または弊社もしくは第三者の名誉信用を毀損した場合
    7.  ⑦ 利用申込書、利用変更申込書その他通知内容等に虚偽記入または記入もれがあった場合
    8.  ⑧ 監督官庁から営業許可の取消、停止等の処分を受けた場合
    9.  ⑨ 本規約等に違反した場合または、本規約の履行が困難となる事由が生じた場合
    10.  ⑩ 反社会的活動を行う団体もしくはそれらと関連のある団体であることが明らかになった場合
  2. 2.   天災地変その他の不可抗力により、本システムの全部もしくは一部が滅失し、または破損し、本システムの使用が不可能となり、かつ、修復の見込みがない場合、弊社はその旨を契約者に通知して本契約を解約することができる。
  3. 3.   弊社は、契約者に対して30日以上前に通知することにより、本サービスの全部を廃止し利用契約を解約することができる。 ただし、この30日の期間は、やむをえない事情がある場合には短縮できるものとする。

第13条(本サービス終了時の処理)

本規約に定める利用契約が終了した場合、本サービスに登録または保存されているデータ等は全て弊社が任意に削除できることとする。

第14条(損害賠償)

  1. 契約者が、本規定の違反により弊社に損害を与えた場合、契約者は、当該損害を賠償する責めを負うものとする。
  2. 弊社は、本サービスの利用により生じる結果について、契約者その他いかなる者に対しても、本システムの不具合・故障、第三者による本システムへの侵入、商取引上の紛争、その他の原因を問わず、何らの責任も負担しないものとする。

第15条(権利義務の譲渡制限)

契約者は、相手方の書面による事前承諾を得ることなく、契約上の権利または義務の全部または一部を第三者に貸与し、譲渡しまたは担保の用に供すること等を行うことができないものとする。

第16条(紛争の解決)

  1. 本規定の条項または規定に定めのない事項について紛議等が生じた場合、双方誠意をもって協議し、できる限り円満に解決するものとする。
  2. 本規約に関する準拠法は、日本国法とする。
  3. 本規約に関する紛争は静岡地方裁判所浜松支部を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

ページの先頭へ